こんにちはNINOです。

 

今日8月6日は原爆の日ですね。

 

日本に人類史上初の核兵器『原子爆弾』が投下されて72年目を迎えました。

 

この季節を迎えると心が胸騒ぎを起こしてしまうほど、小さな頃にみた戦争映画や原爆ドームでの展示されている物などの記憶が強く印象に残っています。

 

今回、個人的に8月6日に黙祷をする意味や時間などが気になったのでシェアしていきたいと思います。

スポンサーリンク

【広島】8月6日の黙祷の意味と時間は?とうろう流しのイベントも(追記修正中)

 

2017年8月6日、今年で72回目の原爆の日を迎えました。

 

日本に人類史上初めての原爆が落とされて72年という長い年月が経ち、当時の体験をした人も少なくなってきていると言われています。

 

その思いを風化させないためにも、広島で起きた8月6日について情報をシェアしていきますね。

【広島】8月6日の黙祷の意味と時間は?

 

広島8月6日の黙祷の時間は?

広島に原爆が落ちて72年目を迎えますが、毎年原爆投下時間を迎えると『黙祷』を行います。

黙祷に時間は投下された『8時15分』から平和の鐘を鳴らした後に1分間行われるんですね。

スポンサーリンク

広島8月6日の黙祷の意味は?

ではなぜ黙祷が行われるのか?私は疑問に思ってしまったので調べてみました。

 

正式的な意味合いはありませんが、黙祷をしている間は『8月6日』に関わって亡くなられた方々に向けて『祈る』そして、今後二度と悲惨なことが起きないようとの願いが同時に込められる為に、黙祷が行われるようです。

 

私も、その時間になれば必ず黙祷し亡くなられた方々への思いを意識するようにして争いがこの世からなくなって欲しいと毎年祈りを捧げるようにしています。

 

 

現在でも5万人近い方々の名前の確認も出来ていない原爆被害にあった行方不明者がいるとのことです。

 

二度と繰り返してはいけませんね。

 

会話ネタ大学の学生会話ネタ大学の学生

ご冥福をお祈りいたします。

NINO教授NINO教授

真の歴史を学ぼう。

 

原爆ドームの周辺情報も

8月6日なると原爆ドーム周辺は沢山の観光客が集まる為に周辺の道路交通規制が行われます。

 

下記が原爆ドーム周辺の交通規制情報になるので参考にして参列してみください。

引用:city.hiroshima.lg.jp

当日は沢山の方々が参拝に訪れるので気をつけてくださいね!

原爆の日にとうろう流しのイベントが行われるのはなぜ?

8月6日の原爆の日の夜には『灯篭流し』も行われます。

 

この灯篭流しをする意味は、『亡くなった方々への追悼』という意味が込められているのです。

まとめ

それでは今回は広島の8月6日の原爆の日についてシェアしました。

 

戦後72年、そして原爆が投下されて72年という歳月が過ぎ、当時を体験して語り継いで行く方々がどんどん減ってきています。

 

歴史は繰り返すではないですが、戦争を体験していなくても、当時の方々から歴史について学んだ人が今後も、このように語りべになって伝えていくことが争いを無くしていけるのではないかと思う次第です。

 

戦争はビジネスを誰かが言っていましたが、その為に何百万人の命が亡くなった方と思うと心が痛みます。

 

二度と起きないことを祈りながら8月6日の午前8時15分に黙祷を捧げます。

 

会話ネタ大学の学生会話ネタ大学の学生

合掌。

NINO教授NINO教授

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク