こんにちはNINOです。

 

世界陸上では毎回スターが生まれる一方で、実力派申し分ないにも関わらず、くすぶって有名選手に影を潜めいている選手もいます。

 

そんな実力は申し分なく、レベルで言えばトップアスリートなのに注目されていない選手がいます。

その選手が『ヨハンブレーク選手』です!

 

ジャマイカではウサイン・ボルト選手に次いで有名で実力も1、2を争う程ですが、世界の舞台になると2012年を境に目立った活躍をみせてはいないんですね。

 

ですが、ウサイン・ボルトの引退を気に彼に印籠が渡されたと個人的に勝手に思っているので、ヨハンブレーク選手の情報が非常に気になったのでシェアしたいと思います!

 

関連記事:

スポンサーリンク

ヨハンブレークの記録とドーピング疑惑や怪我を調査!腕時計にも注目(追記修正中)

2017年の世界陸上ロンドン大会では惜しくも個人ではメダルの成績を残せなかった『ヨハンブレーク選手』ですが、過去の記録やドーピングなどの疑惑はどうなっているのか調査したのでみていきましょうー。

ヨハンブレークの記録とドーピング疑惑や怪我を調査!

ヨハンブレークの2017世界陸上ロンドン大会と過去の大会の記録は?

 ヨハンブレーク選手の2017世界陸上ロンドン大会の記録は以下となっています!

 

  • 100m準決勝敗退
  • 200m準決勝敗退

という結果に終わっています。

 

個人的にはジャマイカ勢がメダルを独占すると予想していたのですが、思いのほか他の選手の活躍が目立った大会ですね!

 

ちなみに、過去のヨハンブレークの大会記録は下記の写真の様になっています。

引用:http://www.wikiwand.com/ja/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AF

 

ヨハンブレーク個人の世界の舞台での成績は、2012年から目立った活躍は観られませんが、ジャマイカチームのリレーメンバーでは去年の2016年のリオデジャネイロ五輪では、ウサインボルトと共に金メダルを獲得しているんですね!

 

会話ネタ大学の学生会話ネタ大学の学生

まだまだいけますね!!

NINO教授NINO教授

最後はどんな選手になるのか?という目的次第だね。

 

ヨハンブレーク選手以外にも、世界陸上ロンドン大会を彩るトップアスリートはまだまだいますよー。

それがこちら!!

 

関連記事:

ヨハンブレークのドーピング疑惑や怪我の現在の状態は?

現在追記修正中ですのでしばらくお待ちください!

スポンサーリンク

ヨハンブレークの腕時計のブランドは?

現在追記修正中ですのでしばらくお待ちください!

まとめ

それでは今回はヨハンブレークの記録とドーピング疑惑などをシェアしました。

 

ウサインボルトが今回の2017世界陸上ロンドン大会で引退をしてしまうので、今後のジャマイカ代表、100mと200m男子はヨハンブレークの活躍が期待されそうです。

 

過去には個人で、2011年の大邱世界陸上で金メダル、2012年のロンドン五輪では銀メダルを獲得して若くして栄光を掴んだかに見えましたが、そのウサインボルトの活躍に影を潜めていたんですね。

 

ヨハンブレークはまだ27歳なので、ボルトに代わって今後はジャマイカを引っ張っていく存在になるはずです。

 

なので、その責任感によって次回の世界陸上や東京オリンピックでは金メダルも期待したいところです!

 

個人的には、世界陸上の100mは毎回楽しみにしているので、是非ウサインボルトを上回る成績を出してもらいたいですね。

 

皆で応援しましょう!

 

会話ネタ大学の学生会話ネタ大学の学生

まだまだ伸びしろが期待出来そうですね!!

NINO教授NINO教授

人間の可能性は無限大だよ。

 

関連記事:

スポンサーリンク