こんにちはNINOです。

 

今朝ネットでニュースを見ていたら、ビックリする話題を発見しました。

 

それが『騒音トラブルで近隣住民に車で衝突させる』という話題。

 

騒音トラブルと言えば、数年前に布団をたたく『騒音おばさん』がテレビで有名になりましたが、その事件を彷彿とさせるニュースだなと思いました。

 

個人的に犯人の顔画像(顔写真)や職業や家族などが気になったので調査してシェアしたいと思います!

スポンサーリンク

小松徳子の顔画像や職業や家族は?犯行動機は脳の機能低下が原因?

神奈川県の小田原市で騒音トラブルがきっかけで近隣住民を車で衝突させるなどの事件を起こした小松徳子容疑者(65)ですが、なぜこのような短絡的な犯行に及んだのか気になるところですが、先ずは小松容疑者の顔画像などをみてみることにしましょう。

小松徳子の顔画像は?

小松徳子容疑者(65)の顔画像(顔写真)は以下になっています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170819-00000004-nnn-soci

見た目は普通なおばさんにみえますが、人間中身を知るまでは分からないですね・・・

 

会話ネタ大学の学生会話ネタ大学の学生

脳を毎日意識して使わないといけないですね!!

NINO教授NINO教授

そうなんだよね。

小松徳子の職業は?

小松徳子容疑者(65)の現在の職業は無職だそうですが、65歳という年齢から考えると年金暮らしをしているとみられます。

小松徳子の家族は?

小松徳子容疑者(65)は一軒家に住んでいますが、これだけ近隣住民を騒がせるくらいですから、同居人(家族)がいれば注意するはず。

 

何度もトラブルを引き起こしたことを考えると、家族は居なく独り暮らしをしている可能性が高いと個人的には推測しています!

騒音トラブルの犯行動機は脳の機能低下が原因?

小松徳子容疑者(65)が騒音トラブルから犯行に至った動機は『脳の機能低下が原因』と個人的には推測しています。

 

脳には前頭前野という思考や理性を制御する部位があるのですが、この前頭前野の機能が低下してしまうと、感情を上手くコントロールすることが出来なくなる為に、普段は温厚な人が突然キレてしまうこともあるのです。

 

もしかしたら、今回も65歳という年齢で年金くらしの可能性から推測して、脳を普段使っていなく前頭前野と含め脳機能が低下による犯行の可能性が高いかもしれませんね。

 

今後の警察の捜査で明らかにしていただきたいと思います!

 

会話ネタ大学の学生会話ネタ大学の学生

脳は使わないとボケますよね。

NINO教授NINO教授

そうだよ!!

スポンサーリンク

まとめ

それでは今回は小松徳子の顔画像や職業や家族などについてシェアしました。

 

居住問題で一番トラブルが多いのが、近隣との関係とも言われていて、その中でも『音』に関しては苦情が後を絶えないのが現状でしょう。

 

住居者の周りへの気使いや、出している音がどのように周りに聞こえるのか?自分自身で認識してない為に、今回こういった事件が起こったと思います。

 

モンスターペアレントなど有名な言葉が生まれましたが、こういった人達は、自分勝手と思われますが、脳の機能低下が私の知識と経験上考えられるので、国が取り組んでいかないと解決しないでしょうね・・・

 

教育から変えていかないとですね。

 

会話ネタ大学の学生会話ネタ大学の学生

会話ネタ大学で脳を鍛えます!!

NINO教授NINO教授

よろしい!!

スポンサーリンク